会社設立の際に必要な知識を得よう~ナルホド知識で設立成功~

ミーティング

相続税法の説明

案内

相続で知っておくとよいことについて

相続税法とは、富の一部の者への集中を抑制するためであったり、所得税を補完するためなどを理由として設けられている租税です。現在の税制は、昭和33年の改正により導入されたものを基として、平成15年の相続時精算課税の導入などを経て現在の形となっています。 相続自体は、民法に規定されており、民法882条及び883条において、相続は死亡によって開始すると規定されています。また同じく民法において法定相続分として定められた順位と相続分が規定されています。 知っておくと良いことは、必ずしも法定相続分で遺産分割をする必要はないという点です。つまり同じ民法において寄与分が規定されており、生存中の付加価値を評価の対象とする制度です。

相続税で工夫すると良い点

相続税で工夫すると良い点としては、特例を活用するということです。 相続税法ではさまざまな特例が設けられています。中でも利用できる人が多くいる可能性がある特例として、小規模宅地の特例があります。相続税法独特の特例ですが、一定の条件を満たす土地の場合であれば、評価を最大で8割減らすことができるというものです。 これは相続人等の生活の基盤の維持のために不可欠な土地などについてはある程度相続税の課税を抑えるという趣旨で設けられたものです。したがってその対象となる土地は、被相続人の事業に使われていた土地や被相続人の居住の用に供されていた土地などが対象となります。またその他の要件として、事業を継続していることなどの要件も設けられています。