会社設立の際に必要な知識を得よう~ナルホド知識で設立成功~

ミーティング

相続人の権利と義務

ビル

相続放棄とは財産も借金もすべて放棄すること

被相続人が死亡した場合、相続人は被相続人の財産の権利と義務を引き継ぐことができます。財産が土地や金銭などのプラスの財産だけならばよいのですが、借金などのマイナスの財産の方が多かった場合に、これを引き継ぐと生活が成り立たなくなる場合もあるでしょう。そういった場合には相続放棄することができます。相続放棄をすると借金ばかりか、プラスの財産も放棄することになります。相続放棄の手続きは家庭裁判所で行います。相続放棄は、いつでも行えるというものではありません。期限があります。自己の相続の開始を知った日から3か月以内に行う必要があります。簡単に言うと、被相続人が亡くなって、自分がその相続人だと知った日から3か月以内が期限ということになります。必ずしも被相続人が亡くなった日からの起算とならない点がポイントです。

親族間トラブルが予想されるなら、早めに専門家に相談を

相続放棄の手続きは、家庭裁判所に相続放棄申述書を提出すればよいのですが、手続きなどが分かりにくいようでしたら法律の専門家に依頼するといいでしょう。もしも相続放棄の期限内であっても、被相続人の財産の一部を処分したりすると単純承認とみなされますので注意してください。相続放棄を認められた後で、プラスの財産の方が多かったとわかっても、その財産を相続することは出来ません。相続放棄を考えるなら、財産をよく調べておいたほうがいいでしょう。手続きは自分で行うことも出来ますが、親族の間でトラブルが予想されるなら、最初から法律の専門家に依頼するほうがいいでしょう。遺産分割協議書などを作成してもらい、後々もめたりすることがないようにしておきたいものです。葬儀や法要などで、期限の3か月はあっという間に来るかもしれません。早めに対策を考えましょう。