会社設立の際に必要な知識を得よう~ナルホド知識で設立成功~

ミーティング

相続人の権利と義務

ビル

財産や土地などの相続の権利は少し複雑なものになっています。また相続人が相続する責任があるものには借金も存在しているのです。相続放棄など、しっかりとした知識を持ち対応していくようにしましょう。

» 詳しく見る

相続税法の説明

案内

一部の富裕層や、所得税を補完するために存在しているものが相続税法です。相続税法を詳しく知ることで、相続放棄などの特例を使用することができるのです。もしもの時に備えておきましょう。

» 詳しく見る

相続に関する情報

オフィス

相続放棄の利用方法とその期限について

相続放棄とは、相続人が被相続人の財産と債務の相続を放棄することです。主に被相続人の財産より債務の方が大きい場合に使われる制度です。相続放棄をするためには、被相続人の死亡後3ヶ月以内に家庭裁判所に申し立てないといけません。期限を過ぎてしまうと、単純承認とみなされてしまい、財産と債務の両方を相続しなければいけなくなってしまいます。相続放棄の件数は、平成25年では約17万件申し立てがありました、ちなみに平成9年では約7万3千件なので、約2倍に申し立て件数が増えています。件数増加の原因は不況のため借金が増えていることだと考えられています。相続放棄の期限は3ヶ月ですが、申し立てをすれば、期限を伸ばすことが可能な場合があります。期限がそんなに長くはないので、なるべく速やかに家庭裁判所に申し立てをする必要があります。

今後、相続の放棄の制度を利用する人が増えるのか

今後も相続放棄の申し立ては増加すると見込まれています。その理由は二つあります。まず一つ目ですが、最近こそ景気回復のきざしはあるものの、特に中小企業の業績が回復しているとは言いがたく、借金をかかえている人が少なくはないのが現状でだからです。次に二つ目ですが、最近はインターネットの発達により弁護士や税理士のような専門家でなくとも、相続放棄の制度を勉強できることが可能になりました。そして、相続人が自分たちで家庭裁判所に行き、手続きをしている人も増えてきていることが挙げられます。ただ、相続放棄を利用する場合は、専門家に相談した方が間違いはないのでなないかと思われます。相続放棄の期限が3ヶ月のため、その間に被相続人の財産と債務をすべて調べるのは、専門家の助けがないと難しいと思います。なので、必要に応じて、プロに相談しながらやると、相続放棄という制度を効果的に利用できるのではないかと思います。特に会社設立を考えているならば早めに情報を得ておきましょう。

サイトで見つける

ビル

相続税の納税手続きを考えている人は、その難しさに頭を抱えてしまってる場合が殆どでしょう。税理士事務所に一度相談をしてみましょう。相続税について詳しく説明、対応してくれます。

» 詳しく見る